企業でのTOEICの点数の重要性

企業でのTOEICの点数の重要性

今ではさまざまな企業がTOEICの点数というものを重要視しています。

その背景には急激に進むグローバル化などが原因としてあるわけですが、だからこそ企業では英語力の有無を重要視しているわけです。

そこで一つの指標としているのがTOEICの点数。

実際にはどういう企業でどれくらいの点数を求めているのか、考察してみたいと思います。

セレン式TOEICメゾッド公式

600点以上

セレン式TOEICメソッドでは800点以上獲得を目標としているわけですが、600点という点数が決して何の役にも立たないというものではありません。

実際に、日立製作所やパナソニックなんかはTOEICスコア500点を参考基準としています。

いわゆる日系企業では600点ほどもあれば新卒では十分に英語力をアピールする事の出来るスコアだと言えるのです。

700点以上

TOEICの700点というスコアには一つの壁のようなものがあります。

しかしセレン式TOEICメソッドを習得すれば700点以上は決して難しいものではありません。

そこで、700点というスコアを基準としている企業にどういう所があるかと言うと、NTTや三菱自動車、三菱電機、ブリジットといった企業や、ソフトバンクでも730点というのが基準になっています。

つまりセレン式TOEICメソッドを始めればこれらの企業にも十分に通用する英語力が身につくのです。

800点以上

さて、TOEIC800点以上となるとどういう企業が見えてくるのか。

企業としては大阪ガスや住友不動産。

さらには日立製作所の経営幹部やパナソニックの海外営業といった、相当な高収入を見込める職種が手に届くようになってくるのです。

ちなみに、860点のスコアを獲得すると、野村ホールディングスのグローバル社員、パナソニックの国際広報、韓国サムスン電子など、大手の外資系企業での仕事も十分に視野に入ってくるのです。

公務員の場合

公務員採用試験にはTOEICスコアによって加点されるという基準があります。

国家公務員の例で言うと、600点以上で15点加点、730点以上で25点加点というように、採用試験に非常に有利に働く基準が設けられているんです。

セレン式TOEICメソッドのトレーニング習得し、TOEICで高得点を獲得するという事は、このように様々な利点を生み出す事が出来るという事なんです。

軽い気持ちで始めて700点以上のスコアでも獲得出来ればそれだけで相当な武器になりますので、就職活動にお悩みの人はセレン式TOEICメソッドを是非試してみてはいかがではないかと思います。

セレン式TOEICメゾッド公式
TOPページを見る